トップ > ニキビ 原因別 > 紫外線 > 紫外線で影響する大人ニキビスキンケアポイント

紫外線で影響する大人ニキビスキンケアポイント

肌のバリア機能を高め、肌に紫外線を浴びないよう防止する

紫外線を浴びてしまった肌は、バリア機能が低下し、乾燥等の外部刺激に弱くなっている状態です。
そのため、肌のバリア機能を高められるスキンケアをすることが大切です。
セラミド等肌のバリア機能を修復する成分を含む化粧品でスキンケアするとよいです。
さらに、肌のハリ・弾力を与えるには、美肌成分であるプラセンタ等が含まれている化粧品でスキンケアするとよいです。
また、肌に紫外線を浴びないよう日焼け止めを塗り、日傘や帽子をかぶることもおすすめします。
日焼け止めだけではなく、日傘や帽子との併用により、しっかりと紫外線対策ができます。


大人ニキビのための紫外線対策ポイント

スキンケアで肌のバリア機能を修復する
肌にハリ・弾力を与え、肌が自ら潤いを作りだすようスキンケアする
日焼け止めと日傘や帽子の併用により、紫外線対策をする

紫外線を浴びたニキビ肌にはコレ!
肌のバリア機能を高め、肌に紫外線を浴びないよう防止する 紫外線を浴びてしまった肌は、バリア機能が低下し、乾燥等の外部刺激に弱くなっている状態です。 そのため、