トップ > ニキビ 原因別 > 紫外線 > ニキビと紫外線の関係

ニキビと紫外線の関係

ニキビ肌に紫外線は悪影響 紫外線は一年中肌に浴びていることになりますが、紫外線量は特に3月から増え始めて6月ごろにピークを迎えるといわれています。
紫外線は、将来のシミの影響にもなりますが、ニキビにも悪影響を及ぼすのです。
紫外線には、A波とB波があります。
紫外線A波は、細胞のハリ・弾力のもとであるコラーゲンやエラスチン繊維を破壊し、肌のハリ・弾力を低下させるといわれています。
肌にハリ・弾力が失われると、肌自ら潤いを作り出す力をなくなってしまい、肌を乾燥させてしまいます。
その結果、肌の乾燥に伴うニキビを引き起こしてしまうといわれています。
紫外線B波はニキビの炎症の悪化の原因となる活性酸素を発生させます。
活性酸素は、ニキビの炎症悪化だけではなく、ニキビ跡の色素沈着がおきやすくなる等の悪影響も引き起こします。
ニキビ肌に紫外線は悪影響 紫外線は一年中肌に浴びていることになりますが、紫外線量は特に3月から増え始めて6月ごろにピークを迎えるといわれています。 紫外線は、