ニキビと紫外線の関係

ニキビ肌に紫外線は悪影響 紫外線は一年中肌に浴びていることになりますが、紫外線量は特に3月から増え始めて6月ごろにピークを迎えるといわれています。
紫外線は、将来のシミの影響にもなりますが、ニキビにも悪影響を及ぼすのです。
紫外線には、A波とB波があります。
紫外線A波は、細胞のハリ・弾力のもとであるコラーゲンやエラスチン繊維を破壊し、肌のハリ・弾力を低下させるといわれています。
肌にハリ・弾力が失われると、肌自ら潤いを作り出す力をなくなってしまい、肌を乾燥させてしまいます。
その結果、肌の乾燥に伴うニキビを引き起こしてしまうといわれています。
紫外線B波はニキビの炎症の悪化の原因となる活性酸素を発生させます。
活性酸素は、ニキビの炎症悪化だけではなく、ニキビ跡の色素沈着がおきやすくなる等の悪影響も引き起こします。

紫外線で影響する大人ニキビスキンケアポイント

肌のバリア機能を高め、肌に紫外線を浴びないよう防止する

紫外線を浴びてしまった肌は、バリア機能が低下し、乾燥等の外部刺激に弱くなっている状態です。
そのため、肌のバリア機能を高められるスキンケアをすることが大切です。
セラミド等肌のバリア機能を修復する成分を含む化粧品でスキンケアするとよいです。
さらに、肌のハリ・弾力を与えるには、美肌成分であるプラセンタ等が含まれている化粧品でスキンケアするとよいです。
また、肌に紫外線を浴びないよう日焼け止めを塗り、日傘や帽子をかぶることもおすすめします。
日焼け止めだけではなく、日傘や帽子との併用により、しっかりと紫外線対策ができます。


大人ニキビのための紫外線対策ポイント

スキンケアで肌のバリア機能を修復する
肌にハリ・弾力を与え、肌が自ら潤いを作りだすようスキンケアする
日焼け止めと日傘や帽子の併用により、紫外線対策をする

紫外線を浴びたニキビ肌にはコレ!

紫外線の影響を受けた大人ニキビにおすすめ化粧品

肌のバリア機能を高め、肌にハリ・弾力を与える

肌のバリア機能を構成する美容成分である3種のセラミドやスクラワン等が潤いの膜を形成し、肌を乾燥等の外部刺激から守ります。
また、美肌成分であるプラセンタやヘキサペプチド-3により、肌にハリ・弾力を作り出す力を与えます。
ただ単に、肌に潤いを与えるだけではなく、肌自ら潤い・ハリや弾力を作りだす力を与えるため、紫外線を浴びて弱くなっているニキビ肌におすすめです。

おすすめラ・ミューテ 詳細はこちら